FC2ブログ
The link at the date of the calendar is an entry.
充実した一日
2010-05-13 Thu 23:02
昨日は『日本コンシェルジュ協会』の分科会『一粋会』で『大田区産業視察』に行ってきました。
9時20分京急蒲田駅に集合、目と鼻の先にある『大田区産業プラザ』に向けて出発!
ところが、開かずの踏切に遮られ5分で行ける所が10分掛ってしまいました。
船のようなガラス張りの建物はバブル期に作られたものです。
そこで、大田区産業振興課の方からお話を聞き、マイクロバスで視察に向かいました。
最初に行ったのは『北嶋絞製作所』ここは正に職人さんの世界!一枚の鉄板ろくろで回して、金属の大きなヘラで絞りながら形を作っています。
大きなものはロケットの先端部分、直径4mのパラボラアンテナ、これを職人さんが目、耳、感触の5感を駆使して作りその正確さは機械で作る以上のものを作っています。僕も体験させて頂きちいさなお皿を作りました。

ランチは『穴子丼』東京湾で獲れた穴子を、ふっくら柔らかく煮込んであって最高!
     ↓
食後の散歩を兼ねて歩いて『穴守いなり』を参拝、その足で『JALシティー羽田』で客室見学、
     ↓
いよいよ待ちに待った『羽田空港国際線ターミナルとD滑走路の工事現場視察』大好きな飛行機を真近に見れて至福の時間を過ごしました。
     ↓
今度は大田区が力を入れている『テクノFRONT森ヶ崎』と言う工場マンション。
零細だけど技術のある会社を区が後押しする施設です。綺麗な近代的な学校見たいなビルに80社位入っています。
その中の『EBM』と言う会社に行きました。社長は28歳の朴(パク)さん、心臓バイパス手術の練習を手ごろに出来る機械を開発した方です。
研究者もホスピタリティーが必要と考え、あらゆる社会貢献をし今までにない発想で物を作り販売して行くお話は皆吸い込まれるように聞き入っていました。
     ↓
『梅屋敷商店街』を見学して待ちに待った会食は『ニイハオ』で「羽根つき餃子」を堪能しました。

盛り沢山で大変充実した視察でした。そして何よりも、『北嶋絞製作所』は昔からの技術を次の世代に伝えて行く事、『朴社長』は新しい物を今までになかったものを、広く伝えていく事、今日の全てに共通している事はホスピタリティーを持って人と人をつなぐ事、『スマイル アンド ハート』をたっぷり感じる一日でした。
この素晴らしい視察を計画した、JR東日本の最明次長に感謝です。又、バックアップして下さった、大田区役所の皆様、東京モノレールの方々他皆様有難うございました。
充実した日
 
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
| SMILE AND HEART |